リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違いとは何か?

リノベーションとリフォームの違いとは何か?

最近はリフォームという言葉に加えてリノベーションという言葉も耳にする機会が増えてきました。
しかし、リノベーションとリフォームの違いをうまく説明できる人は少ないのではないでしょうか。
住宅の改装や買い替えを考えているなら、ここで一度確認しておきましょう。

 

考え方の違い

 

リフォームという言葉にはなじみのある人が多いと思いますが、リノベーションの方は最近になってよく使われるようになった言葉なのでよく知らないという人もいるでしょう。

 

どちらも住宅の改修を表す言葉ですが、改修に対する考え方が違っていて、
リフォームは古くなった所、壊れた所、汚れた所などをあるべき状態に戻すという意味合いがあります。
一方のリノベーションは家を大きく作り直してデザインの根本的な再設計まで行うことを表します。

 

なお、リノベーションは英語でも日本とほぼ同じ意味で使われますが、リフォームを英語で使うと政治の刷新などの少し違う意味になります。

 

実際の違い

室内
実際にリノベーションとリフォームを行う時には様々な形で違いが現れます。
1つはリノベーションの方が規模は大きいことです。

 

リフォームでは必要な箇所を修繕するのに対し、リノベーションでは根本的に家のデザインを改変するためです。
その分費用もリノベーションの方が高くなり工期も長くなります。

 

また、リフォームでは主として目に見える所をいじりますが、リノベーションでは天上や一部の壁の撤去まで行うので水道管や配水管などの配管を交換したり、部屋の間取りを変えたり、耐震性を高めたりすることが可能になります。

 

冷暖房設備やインターネット回線をいじることもあります。
また、リノベーションを施す方が住宅の資産価値が高くなるとされています。

 

リノベーションもリフォームも住宅の改修を意味しますが、リノベーションではより根本的に住宅のデザインや機能を改変します。
そのため工事の費用や期間は長くなりますが、間取りを変えるなどの大掛かりな変更が可能になるメリットがあります。