費用面から見るリノベーション

費用面から見るリノベーションのメリット

費用面から見るリノベーションのメリット

リノベーションにはいくつかのメリットがあり、そのうちの1つが費用です。
どれだけの費用が節約できるかは場合によって異なりますが、リノベーション物件を買うにせよ借りるにせよ、
また自分でリノベーションを行うにせよ新築より安く済ますことができます。

 

リノベーション物件の購入、賃借り費用

 

建物にリノベーションを行う場合、元の家の一部を再利用するため新たに建て直すより費用が節約できます。
住宅を売却する時にも、比較的少ない費用で家を美しく現代的に改装することができるため、りばしばリノベーションが行われます。
リノベーション済みの物件では、大まかに言って新築よりも3割程度価格が安いと言われています。

 

また、賃貸住宅にもリノベーション物件があります。
同じ築年数のアパートと比べるとやはり5,000円から10,000円程度は高くなりますが、新築と比べれば家賃は安い場合が多く、内装もきれいで機能的なことから人気があるようです。

 

自分でリノベーションを行う費用

お金
リノベーションは必要な費用が分かりづらいと言われることがあります。
住宅の築年数や状態、リノベーションの規模や施工部分、改装後のデザインなどによって価格が大幅に変化することが1つの理由です。

 

また工務店、設計事務所、不動産会社、金融機関などたくさんの業者を相手にする必要がある場合もあり、これも費用の計算をややこしくします。
平米あたりいくらで価格を決める定額制リノベーションという仕組みもあって、この場合は比較的費用が分かりやすくなっていますが、間取りの変更やバリアフリー化などの各種オプションをつけると価格が上乗せされます。

 

そのため、リノベーションにかかる費用はケースバイケースです。
しかし、そうしたことを考慮しても新築よりはやはりリノベーションの方が安いです。
一概にどれだけ安いということは言えませんが、新築を建てる場合の半値以下で済む場合もたくさんあります。

 

リノベーション物件の購入費用は新築と比べて数割程度は安くなり、賃貸住宅でも新築よりリノベーション物件の方が安い傾向があります。

 

自分でリノベーションを行う場合はケースによって必要経費が大幅に異なりますが、それでも新築よりは手頃な価格で家を一新することができます。